WordPressプラグイン「Twitter Meintions As Comments」が動かなくなった時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルのままで。

WordPressプラグイン「Twitter Meintions As Comments」が動かなくなって久しいのですが、
さすがに放置しまくるのもどうかと思い対策を取ってみました。

意外と簡単に復活したのでメモしておきます。

手順はめんどくさそうに見えて案外簡単でした。

「Twitter Meintions As Comments」の設定画面に入力しなければならない
「Twitter Consumer Key」と「Twitter Consumer Secret」を再発行してコピペし、「変更を保存」するだけ。

…これではあまりにも不親切なのでもうちょっと詳しく書きますね。
画像はないです。すみません。

まず、 dev.twitter.com/apps にアクセスし(設定画面と別タブで開いておくと便利です)、アプリのために使っていたTwitterアカウントでログイン。
「Twitter Meintions As Comments」のために作成したアプリの名前をクリックします。

「API Keys」のタブをクリック。
「Application actions」の中の、「Regenerate API Keys」ボタンをクリック。
「Are you sure you want to regenerate your API keys?」(APIキーを作り直すかい?とでも聞かれているんでしょう)の画面が出たら、躊躇わずに再度「Regenerate API Keys」ボタンをクリック。

これでAPIキーの再発行がされたはずなので、画面右上・アプリ名の右側の「Test OAuth」ボタンをクリックします。
ここで再度Twitterへのログインが求められるはずなので、ログイン。

ここで表示されている
「Consumer key」を設定画面の「Twitter Consumer Key」に、
「Consumer Secret」を設定画面の「Twitter Consumer Secret」に再度コピペします。

これでTwitter側のタブはログアウトしておっけーです。

設定画面側のタブで、新しい「Twitter Consumer Key」と「Twitter Consumer Secret」を貼り付けることができたら
「変更を保存」ボタンをクリックします。
「設定を保存しました。」という表示が出れば、おっけーです。ちゃんと動くようになりました。

確認のために「Force Check」もしておくとよいです。
設定画面一番下、「変更を保存」ボタンのすぐ上のところです。
「Check for New Tweets Now」というリンクをクリックします。
うまく動作していれば、これまでに溜まっていたTwitterからのコメントが読み込まれるようになります。
あとは「コメント」画面で承認するなり拒否するなりしてあげましょう。

以上です!
文章ばかりで長々と読みづらいとは思いますが、
「Twitter Meintions As Comments」プラグインが動かなくなってしまった方のお役に立てれば幸いです!

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。