CRUSH OF MODE-HYPER HOT SUMMER’13- 初日に行ってきた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これが来なくちゃ夏じゃない。
アーポ(ART POP ENTERTAINMENT)ギャの夏の祭典、CRUSH OF MODE-HYPER HOT SUMMER’13- に行ってまいりました。
初日の2013年7月28日(土)にのみ参戦。
Twitterに垂れ流した感想のまとめ直しも兼ねて、メモしておこうと思います。
あくまで感想ですので!

出演バンドは
SEX-ANDROID/NoGoD/新宿ゲバルト/ADAPTER。/悠希/花少年バディーズ/Dacco/犬神サアカス團
ART POP ENTERTAINMENTイベントスケジュールページより引用)

会場はShibuya O-East。好きですO-East。

15時半開始22時終了の超長丁場イベントだったので記事も長いです!すみません!
見出しの下、画像リンクは各バンドのオフィシャルページにリンクしています。

犬神サアカス團

http://www.inugami.jp/top.html

「犬神サーカス団」から「犬神サアカス團」にバンド名を改名した。正直改名後の雰囲気には未だに慣れません。

「犬神サアカス團」への改名について
犬神サーカス団は、より叙情的で過激でアングラな和風バンド「犬神サアカス團」として2012年10月24日に第一弾フルアルバム『恐山』を発表し、以後そのコンセプトで活動していきます。

MC一切無し。ドロッドロに暗く重たい。
SEの『故郷和讃 feat.鈴木研一』が怖い。(うたまっぷ 歌詞ページへリンク)
農民?の語りと紅い旗が怖い。
空調の冷たい風が別の寒気かと錯覚するほど。
曲の途切れも一切無く、ずるりと重い舞台を見せられているようでした。
「もうやめてよ!お母さん!!」の叫びのある曲が本当に怖くて心に焼きついたんだが、如何せん曲名がわからない…フルでアルバム買うべきか。
(ちなみに「故郷和讃 feat.鈴木研一」は後程iTunesで購入しました。なんか妙に聴き返したくなる怖さがある)

サブステージ(=サブステ):はましん(NoGoD)

はましん初見。
NoGoDの団長とギターさん?あ、はまもりとしんのだから『はましん』なの?(よくわかってない)
ギター弾き語りでキャッツアイ。団長の歌が上手いのがかえって腹立たしい。笑(褒め言葉)

MCも腹立たしい。
団長(白塗りにTシャツ姿)「今日は隅田川の花火大会なのにこんなところに来てるなんて、あれだな?お前ら非リア充ってやつだなー?!」やかましいわ。
団長「音楽界の片隅の、重箱の隅をつつくようなイベントを楽しんでいってくれー!!こんな早くから白塗りさせやがって校長コノヤロウー!NoGoDの出番はまだ先だ―!!」いろいろ言っていいのかそれは。

全2曲で、最後は『クラッシュオブモードはじめました』
AMEMIYAさんの『冷やし中華はじめました』の替え歌。

テレビ疎いので原曲もよく知らなかったんだけど、勢いと歌詞の内容が酷くて大笑いしてしまった。
しかしこれ原曲も酷いな…笑
「Sel’mと仲良くできるか心配だけれどー クラッシュオブモードーはじーめましたー」
「THE BEETHOVEN(ベートーベン)ってバンドが出てきたそうですけど あれ?なんだか見覚えのある面子ばかり 新人オーラありませんね」
『クラッシュオブモードはじめました』は去年のクラッシュでも披露されたそうなんですが(去年は行ってない)、あまりにも名曲すぎるので、なんかもう、音源でください。笑

Dacco

http://www.dacco-dacco.net/

衣裳がピンク色のライオンキング(舞台版)みたいになってました。
この衣裳でツアーを回るのでよろしく、とのこと。
ライヴ始まりの「二人合わせて(スッ、スッ、スッ)…Daccoです」の動きが好きすぎてたまらない。
フリというか、もう本当にDaccoエクササイズだなーと思いました。(浴衣参戦だったのであまり動けなかったけど)
エクササイズすぎて途中で衣裳がぶっ壊れてました。そのままツアー回るそうです。
MC「振付DVDを出したら音源よりじゃんじゃん売れる!どういうことやねん!」
実際振付DVDを買おうとしたら売り切れだったらしいので、買えた友人に今度見せて貰おうと思っています。
おうちで振付DVD観ながら毎日踊ったら絶対痩せると思う。Dacco。

サブステ:SEX-ANDROID

メンバーは雄大さんと透さん。ハゲ様(※メンバーの愛称です)がいないのはバイトに行っているというテイ。
雄大さんはまだほぼ素面状態でなんだか恥ずかしそうだった。
ギター弾き語りで『高速バス』と『初恋』。
『高速バス』は遠征バンギャの心情をすごく歌い表している曲だなあと思った。いつぞやのセクアンライヴでの無配ということで、すごく…欲しいです…。
『初恋』はどこかで聴いたことのある曲のカバー。何を歌ってもセクアンになる雄大さんの歌声は凄いなあと思った。

MCでは雄大がドンキで1900円の財布を100円で買った自慢話をしていた。白い財布。
やたら白い財布を見せびらかしていた。かわいい。

花少年バディーズ

http://baddies.jp/pc/pc_main2.html

ものすごく久しぶりに観た。年単位。
衣裳がお洒落な学生さんのブレザーをそれぞれ着崩してるみたいでかわいいなーと思った。
いつの間にミネムラはキーボードもやる人になったんですか?多才すぎるだろと。
はましんサブステ(多分)で触れられていた「バナナの曲ってどういうことだよw」って、そもそもバナナの曲とは何ぞ?と思っていたら
人格ラヂオの『お人形さん』の更に激しくなったバナナ飛び交うバージョンみたいなやつなのね。
(バディーズの『バナナ』という曲では、曲中ずっと大量のバナナのぬいぐるみがステージと客席の間を飛び交っています)
バナナのぬいぐるみが飛び交いすぎてぬいぐるみが千切れて綿が飛び出していた。激しい…。
あれだけステージ上で暴れ回っているのに全くぶれずに歌うボーカルさん凄いと思った。
全体的にバンドのオーラが若い気がしました。

あとミネムラのお約束
「やっぱりミネムラ、クラッシュオブモードでもすべった、ね!」
がまだ残ってて感動した!噂ではもうやらなくなったと聞いていたので。
「すべった、ね!」は2回やったんだけど1回目が滑ったことに感激した!どんだけ滑るんだろうこのバンドは!
滑りすぎる意味で好きになりそう。怖い。

サブステ:犬神サアカス團

凶子ちゃんと兄さん。
やっぱりきゃっきゃしてる凶子ちゃんほんっとうにかわいい。MCください。
2曲歌って(曲失念)、横で踊り狂っている兄さんを見て
「もうーほんとこの人!キ○ガイでしょー!」と言い放った凶子ちゃんが大好きです。
自殺の唄(※犬神サーカス団の曲名)とかもうライヴでは聴けないんだろうか…。

曲と曲の間に凶子ちゃんが
「まだ衣裳着てるあたりでね、…察してね?」
と言った瞬間、会場のすべてのバンギャルが(今日はセッション有りか…)と察したと思う。

ADAPTER。

http://www.adapter-web.net/

チケットの順番では悠希かと思ったらADAPTER。でした。
夏なのでバンギャルを殺しにかかってきてましたね。
艶男(あでおす)。、Try Again、祭り、Final Answerかな?(順不同)
途中でKaya様が降臨してた。「もっと声を頂戴―!!」セクシーでした。ふくすけかわいい。
東名阪ツアーの大阪あたりからKayaちゃん降臨するようになったんですかね。笑
割と客席がみんな腕が上がっててノリが揃ってて、貫録あるなあ…と思いました(雰囲気的な意味で)。
というか正直ADAPTER。ははしゃぎすぎてあんまり覚えてません。

サブステ:Dacco

普通にフルメンバー、フル衣裳でサブステに登場。
ライヴ終わりの挨拶「全員揃って(スッ、スッ、スッ)…Daccoでした」の動きと新曲のフリのレクチャー大会。
ほんとDaccoはエクササイズだわー…と実感。
あとYURA様とリダさんの掛け合いがあんまりにもナチュラル居酒屋トーク過ぎて好き。トークライヴとか行きたいです。

悠希(深澤商店)

http://www.f-store.jp/

転換でやたらにドラムが鳴っていたのでゲバルトではないだろう、と思っていたら悠希。
悠希だなあ、と思いました(こなみかん)。
そういえば以前は人格ラヂオのライヴというか、悠希の歌声が苦手だったことを思い出しました。
なんか心臓鷲掴みにされて引きずり出されそうな気がして怖くて、ハコの片隅で座り込んでたこともありました。その節は申し訳ありませんでした。
そういう恐ろしさはなくなってたように思いました。

サブステ:「滑り台」

自称お笑いコンビ。
このへんで体力が尽きかけていたのでほぼ座り込んでいたのでステージは殆ど見てませんでした。
ただ、滑りまくってたのはわかった。
会場が(もうほんとこれどうしたらいいの…)みたいな空気に包まれていました。
2階関係者席から「やめろ!もうやめろ!」と野次が飛んできたり。
収集付かずになんかぐだぐだで終わったような気がします。力尽きてたのでよくわかりませんでした。

NoGoD

http://www.artpop.org/nogod/

なんというか、
衣裳がみんな白いなあ…
団長相変わらず辞書にマイク挟んでるんだなあ…爪なげーなあ…
信者さん(=NoGoDファンの皆様の呼称)のノリっぷりすげーなあ…
かりんちゃん髪ピンクいなあ…
団長全体的に白いなあ衣裳すげーなあ…
などと思いながら観ていました。
信者さんたちの首がもげそうだなあと思いました。

サブステ:1人ADAPTER。(カラオケ)

本編が短かったからカラオケノリで曲やっちゃうよー!ということで1人(カラオケ)ADAPTER。
Please Please Youとハイソサエティー。
ぷりぷりゆーのフリはやっぱり可愛いし、ハイソサエティーで手ぬぐいぶんぶん振り回すのはやっぱり楽しいです。
きゃいきゃいしてる福助。さん可愛かった。Tシャツの上に茶色い羽織?姿。

新宿ゲバルト

http://shinjukugewalt.com/

(※注:長いです)

本日のお目当て。
新宿騒乱(SE)鳴り響く中、議長(黒ヘル)が上手、清水さん(白ヘル)が下手からそれぞれ登場。
つかつかとステージ真ん中に歩み寄り、ドセンでメンチの切り合いしてたんですが
あまりに二人の距離が近すぎたのと(5センチも無かったのではないかと思う)ビラカンペ貼りまくりのマイクスタンドで二人の顔のところが隠れてしまっていたせいで
(アッ…これは…BでLなやつに見える…)と思ってしまい大変申し訳ございませんでした。
メンチ切ってる戸田さんの目がマジだなあと思いました。

ゲバルトは本当に夏の似合うユニットだと思います。
さよならテント、シグナス、多分あと2曲くらいやってる気がする。思い出せん。

MCで清水さんが当日の雷雨の件について「…俺じゃないですよ」と言っていたのが説得力皆無だなあと思いました。(※清水さんはとびきりの雨男としてこの界隈では有名です)
議長が隅田川の花火大会が中止になったと告げて会場がざわめいていました。

MCで指が反る話。
指を反対に反らせたときに戸田さんは異常に反る、それを戸田さんは反らない清水さんのほうがおかしいと言う、という話で実際にやって見せる戸田さん。会場から起こる悲鳴(あれは確かに悲鳴でした)。90度くらいは反ってたんじゃなかろうか…。でも戸田さんなので戸田さんは超人間なので反ってもおかしくないかなあと少し思った。
どちらがおかしいか決めよう、という流れになり
戸田「清水さんがおかしいと思う人ー」(会場無言)
清水「戸田くんがおかしいと思う人ー」(会場拍手)
戸田「なんですか、これは。人のことをおかしいという拍手ですか」
清水「人のことをおかしいという拍手ですね」
清水「そういえば戸田くん、腕もこうなんかちょっと曲がって(反って?)るんですよー、ねえ?」
戸田「もういいですよこれ以上他人におかしいと思われたくないので」
明らかに不機嫌気味になってる議長がなんか貴重だなあと思いました。

「あと2曲なんですよ」と告げる議長にえええとなる会場。
戸田「(デスノート(=カンペ)を捲りながら)9月にライヴがあります。来て下さい。新宿ゲバルトをブッキングしてくれるハウス…ライヴハウスは新宿ロフトだけなので」
清水「同じ新宿だからね」
戸田「新宿ゲバルトは小汚いので。新宿ロフトも小汚いので。丁度良いですね」
…それは怒られないのだろうか。

戸田「ライヴ来てくれるかなー」
客「いいともー!」
の掛け合いを何度かやってた。
あの、拍手をちゃっ、ちゃちゃちゃっ、で止めるタモリ式のやつを戸田さんができるようになってて感動した(以前は出来てなかったので)。清水さんもいいともネタで何度か被せてきてた。

残り2曲は四畳半エレキテクニカ、新曲オーブイエル。
四畳半エレキテクニカは個人的に思い入れの強い曲なので立ち尽くして聴いていました。
オーブイエル、ゲバルト二人がギター抱えて掻き鳴らして、
途中で議長が持ち替えたiPad内蔵ギターみたいなやつ(kitaraというそうです)が本当にもう格好良かった。
イーストがノイズに呑まれた。

どの曲の合間だったのかは忘れたんですが、確かに一度あのイーストが一切の無音になった瞬間があって、ゲバルト、凄い、と思いました。

サブステ:雑談

悠希と団長ともうひとり(忘れた)で雑談。というかトーク事故。
ヘルペスがどうのこうの言ってたことは覚えています。
わたしは下駄に足がやられて力尽きていました。
長時間ライヴに下駄、ダメ、ゼッタイ。
あと悠希が次のライヴでバンギャル症候群(=人格ラヂオの曲)をやる、と宣言して、「それ言っちゃって大丈夫なんですか?!」と団長が本気で心配していたりとか。

SEX-ANDROID

http://www.artpop.org/sex-android/

ピンク雄大。雄大さんべろっべろに酔っ払ってました。
バースデーはじまりで死ぬかと思いました(好きな曲的な意味で)。
殺し屋ミルクちゃん(=アルバム名)曲が多かった。
新曲の「お前の夏を俺にくれ!」がとても良かった。のに先行発売物販に行きそびれました(あとで友人に買っておいてもらいました)。
ひたすら雄大さんが夏は良い、夏は良いと言っていたのが印象的でした。
セクアンのノリとかフリを覚えたいと思いました。
あんなにべろっべろに酔ってるのにどうして側転とかじゃんじゃかかましちゃうんだろう雄大さんって人は。
ナギナタベイベーで「いつもおもちゃで遊んでられたらなぁ」の歌詞のところでアンプ上に置かれたうさぎのぬいぐるみを連れてきて、「なぁうさぎ?!なあ?!」と自棄気味に語りかけていたり。
ドロシー終わりでまた死ぬかと思いました(好きな曲的な意味で)。
殺し屋ミルクちゃん曲、好きな曲ばっかりなんです。
バースデー直後のMCで
雄大「聞いてよリーダー!…♪聞いてよー僕の無駄話ー♪(バースデーの歌詞)…聞いてよリーダー!!」
ってやってたのがかわいかった。

アンコールセッション

アンコールコールの後にアンコール兼セッション。
わやわやとステージ上に大量の麺が。大量の麺が。(※麺、とはメンバーのことです)
福助。さんがADAPTER。ゴーグルをおでこに乗っけて、ビール片手にご機嫌で出てきて可愛かった。

セッションはじまる前のごっちゃごちゃした時間に福助。さんが透さんのマイク興味深げにやたら見てるなーなんか喋ってるけど聞こえんなーと思っていたんですよ。
そしたらその時に福助。さん、
「これ格好いいなー、シャラクみたい」
って言ったんですって…。
福助。さんとシャラクさんのコンビ大好きなのに、というかシャラクファンだというのに聞き逃すなどという一生の不覚。後で友人から聞いて崩れ落ちました。聞きたかった…。

セッション大集合時に清水さんが何か板っぽいものを持ってきていて、てっきり歌詞カード代わりのiPadかと思ったんですよ。
そしたら雄大さんが「清水さん、お弁当持ってきてますけど大丈夫ですか?」って。
ちょwwwwお弁当とかwwwwwないでしょwwwwwwと思ったら本当に曲が始まった途端、ドラムセット前でもぐもぐお弁当食べ始めて呆気にとられました。

セッションは『ジェットスターダスト・キャバレー』1.5倍速くらいで。
2番のどっかで福助。さんがご機嫌すぎて歌い忘れて曲が飛んでて可愛かった。
清水さんはひたすらお弁当食べてて、その隣でふうじさんがあたたかい目でそれを見守っていました。


清水さんそれパートとちがう

セッションはもうわっちゃわちゃでした。
曲が終わると同時に清水さんお弁当食べ終えてガッツポーズ(記憶違いかもしれない)。
曲が終わってステージからいろんなものが飛んできました。清水さんはお箸投げて投げ返されてました。お箸は危ないからやめましょう…。
最後、悠希とミネムラがステージ上で半喧嘩というか取っ組み合い?相撲?みたいになっててジャージ投げたり客に投げ返されたりして、もう訳がわからん状態で終わりました。

15時半開場、16時開演で終わったのが22時過ぎ。
おおよそ6時間以上再入場不可で立ち尽くして暴れ回ってきました。つ、疲れた…。
終演後は本当に歩く屍のようになっていました。その際は本当にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

記憶違いや抜け落ちなども結構あるでしょうが、わたしのクラッシュオブモードはこんな感じでございました。ありがとうございました。

さあ、夏の始まりです。

CRUSH OF MODE-HYPER HOT SUMMER’13- 初日に行ってきた感想” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。